社会福祉士JINブログ

社会福祉士・精神保健福祉士・保育士国家試験対策、発達障害、子供の発達に悩む親御さんを応援します!

社会福祉士国家試験対策【児童や家庭に対する支援】 児童福祉施設の種類と目的

 社会福祉士国家試験対策【児童や家庭に対する支援】 

児童福祉施設の種類と目的

f:id:jin-blog:20200614210324j:plain

■概 要 

 このブログを読むメリット

 児童福祉施設がどのような施設なのかを知ることができる。

社会福祉士の国家試験で児童福祉施設について解答できるようになる 

YouTubeでも配信していますが

視覚優位の方はこのブログでしっかりと復習してください。

 


【児童や家庭に対する支援】児童福祉施設の種類と目的 社会福祉士

 

 項 目

 1.児童福祉士施設とは? 
2.児童福祉施設の種類

3.専門職の配置基準

4.まとめ 

 

 1.児童福祉士施設とは? 

 

 子ども関係で都道府県が設置しないといけない施設を指します 

厚生労働省令で定める基準に従い、12種類の児童福祉施設を設置するよう決まっています。

 

2.児童福祉施設の種類 

【12種類】 

 ①乳児院 

 ②母子生活支援施設 

 ③児童養護施設  

 ④障害児入所施設  

 ⑤児童発達支援センター  

 ⑥児童心理治療施設  

 ⑦児童自立支援施設  

 ⑧助産施設   

 ⑨児童厚生施設   

 ⑩児童家庭支援センター  

 ⑪保育所  

 ⑫幼保連携型認定こども園 

 

12種類の児童福祉施設を1つずつ解説します。  

乳児院 

 乳児を入院させて療育し、退院した者について相談その他の援助を行う。 

「保護者が養育ができない乳児を預かる施設」 

【配置職員

看護師、保育士又は児童指導員、嘱託医(いょくたくい)、家庭支援専門相談員などを配置。 

 
母子生活支援施設 

 配偶者のない女子またはこれに準ずる事情にある女子とその者の監護すべき児童を入所させて保護し、自立の促進のために生活を支援し、退所した者について相談その他の援助を行う。 

母子と子どもがともに生活できる部屋は1世帯につき1室以上が設備基準 

施設長は自立支援計画を立てなければならない 

【配置職員】

母子支援員、嘱託医、心理療法担当職員等 

 
児童養護施設 

 保護者のない児童、虐待をされている児童、その他環境上養護を要する児童を入所させて養護し、退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行う。 

【配置職員】

児童指導員、嘱託医、保育士、家庭支援専門相談員、心理療法担当職員など。 

 

障害児入所施設(福祉型・医療型 

 福祉型 障害児を入所させ日常生活の指導と独立自活に必要な知能技能の付与を行う 

職員 嘱託医、児童指導員、保育士、児童発達支援管理責任者など 

医療型 障害児を入所させ日常生活の指導と独立自活に必要な知能技能の付与及び、治療を行う。 

【配置職員】 

医療法に規定する病院として必要な職員、児童指導員、保育士、児童発達支援管理責任者など 

 

児童発達支援センター(福祉型・医療型) 

 福祉型 障害児を日々保護者の下から通わせ、日常生活における基本動作の指導、独立自活に必要な知識技能の付与、集団生活への適応のための訓練を行う。 

職員 嘱託医、児童指導員、保育士、児童発達支援管理責任者など 

医療型 障害児を日々保護者の下から通わせ、日常生活における基本動作の指導、独立自活に必要な知識技能の付与、集団生活への適応のための訓練及び治療を行う。 

職員 医療法に規定する診療所として必要な職員、児童指導員、保育士、看護師、理学療法士または作業療法士、児童発達支援管理責任者など 

 

児童心理治療施設 

 家庭環境、学校における交友関係その他の環境上の理由により社会生活への適応が困難となった児童を、短期間入所させ、又は保護者の下から通わせて、社会生活に適応するために必要な心理に関する治療および生活指導を主として行う 

職員 医師、心理療法担当職員、児童指導員、保育士、看護師、家庭支援専門相談員とう  

 

⑦児童自立支援施設 

 不良行為をなし、又はなおすおそれのある児童、及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童を入所させ、又は保護者の下から通わせ、個々の児童の状況に応じて必要な指導を行い、自立を支援し、退所した者について相談その他の援助を行う。 

職員 児童自立支援専門員、児童生活支援員、嘱託医、家庭支援専門相談員等 

 

助産施設 

 経済的理由により、入院助産を受けることができない妊産婦を入所させて助産を受けさせる。 

職員 医療法に規定する職員 

 
児童厚生施設 

 児童遊園、児童館等、児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進し、情操(じょうそう)を豊かにする 

職員 児童の遊びを指導する者(保育士・社会福祉士等) 

 

児童家庭支援センター 

 地域の児童の問題に関して、必要な助言を行う。市町村の求めに応じて技術的助言その他必要な援助を行う。児童相談所の委託を受けて継続的な支援を行う。 

職員 児童福祉司の資格要件に該当する者 

 

保育所  

 保護者の委託を受けて保育を必要とする乳幼児を保育する。 

職員 保育士、嘱託医等 

 

幼保連携型認定こども園 

 義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして満3歳以上の幼児に対する教育及び保育を必要とする乳児・幼児に対する保育を一体的に行う。 

職員 園長、保育教諭、養護教諭、栄養教諭等。保育教諭は、幼稚園教諭の免許と保育士資格を併有。 

 

3.専門職の配置基準 

 ①家庭支援専門員 

 乳児院・児童養護施設・児童心理治療施設・児童自立支援施設に配置しなければならない 

 

②児童自立支援専門員 

 児童自立支援施設に配置しなければならない 

 

③里親支援専門相談員 

 里親支援を行う児童養護施設及び乳児院に配置される職員 

 

④心理療法担当職員 

 児童養護施設、児童自立支援施設、乳児院、母子生活支援施設及び児童心理治療施設に配置される職員 

 

⑤保育士 

 児童養護施設、障害児入所施設、児童心理治療施設、保育所、児童厚生施設、児童発達支援センターに配置される職員 

 

4.まとめ 

 児童福祉施設とは

厚生労働省令で定める基準に従い、12種類の児童福祉施設を設置するよう決まっている。 

 
児童福祉施設の種類

 12種類 

①乳児院 ②母子生活支援施設 ③児童養護施設 ④障害児入所施設 ⑤児童発達支援センター ⑥児童心理治療施設 ⑦児童自立支援施設 ⑧助産施設  ⑨児童厚生施設  ⑩児童家庭支援センター ⑪保育所 ⑫幼保連携型認定こども園 

各施設の特徴もおさえておきましょう

 
専門職の配置基準

 配置職員のことについても3.を復習しておさえておきましょう。 

どのような施設なのかを抑えると配置職員も自然と答えられようになります。 

 

 

Facebookで社会福祉士の学校というのを立ち上げておりますので、

福祉に興味がある方は是非入学してみて下さい。
社会福祉士の学校→https://www.facebook.com/groups/236285457512879

 

社会福祉士国家試験の勉強、今後も頑張っていきましょう!!

 


社会福祉士国家試験のためのレビューブック 2021/医療情報科学研究所【合計3000円以上で送料無料】